遺品整理をお考えならアジアアートギャラリー

遺品整理などの機会に今までみたことのなかった骨董品などが出てきたけれど、価値があるかも分からないからそのままにしている、ということはないでしょうか? 骨董品の種類は多岐にわたるものですが、中には非常に歴史的な価値を持っている品物が眠っているかもしれません。有名なテレビ番組などであれば『何でも鑑定団』などが有名ですが、実際に祖父母や曾祖父母の代から集めていた骨董品が実は非常に価値を持っているということも少なくないのです。 しかし、これらの骨董品には贋作なども多く、しっかりとした鑑定の技術を持ったプロでなければ、その市場価値を判断することは難しいのです。 そこで今回は、骨董品の買取について知っておくべきお役立ちポイントなどをまとめて紹介していきます。 現在使用用途などが決まっていない骨董品の処分をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

骨董品の真贋を見極めるには経験が必要

近年、金やプラチナなどの買取と平行して、骨董品や電化製品などを一緒に買い取るといった業者なども増加していますが、こういった数多くの種類に対応している業者では真贋を見極めることが難しいのが『骨董品』というジャンルです。 マニュアル式に品物を判断するのではなく、その品物が正確に、『いつ』『どこで』『誰に』『どんな製法で』作られたか?といったような細かいポイントを判断しなければ、本物の骨董品の市場価格というものはわかりません。 これらの判断力や査定技術は、長年の経験と知識によって積み重ねられるものですから、一定の査定基準ではなく、品物それぞれに対して骨董品への知識を持ったプロが判断しなけれなりません。 弊社では、中国美術品や骨董品をはじめ、専門知識と経験豊富なスタッフによって一点からでもしっかりと査定をさせて頂いております。

骨董品に需要はあるのか?

そもそも、骨董品に興味のない人から見れば、単なる古い品物だとしか認識出来ませんが、歴史的な価値や希少価値、製作者の技術、美術的価値を含めて、骨董品を集めている方は大勢いらっしゃいます。 骨董品は比較的に高価な品物なども多いため、ご家族にはあまり公にせず収集されている方も多いにが事実です。 そのため、前の所有者であった家族が亡くなった際などに大量に骨董品が出てくる、ということもあるため、それら骨董品の価値が分からない場合は、そのまま処分してしまうことも。 場合によっては相続財産としても数えられるような金額になることもありますし、まずは専門家に査定をお願いしてみることをおすすめします。 もしも現在あなたのお手元に『家族では価値は分からないけど残された骨董品』などがそのままある、という場合には、処分前にぜひ一度弊社にご相談下さい。

骨董品の種類とは?どんな物があるのか

一口に骨董品と言っても色々と種類が豊富にあります。 ここで、骨董品の種類についていくつか紹介していきますので、骨董品に当てはまるかどうかをまずは確認してみましょう。

茶道具

茶道具は主に江戸時代前後に多く流通したものであり、陶器で作られているものが多いです。茶器にも種類が色々とあり、水差しや香合などによって用途や金額そのものも大きく変わることが特徴です。

中国美術品

中国の美術品は骨董品としてもかなりポピュラーな種類になっています。 中国では経済の成長と共に、古美術品が多く流れており、日本にもそれらの品物が多く入ってきています。中国の美術品は時代によっても大きく価値が変化し、種類なども多い傾向にあります。一見すると価値のないように見える物も、実際に査定をすると大きな金額がつくこともあります。

仏像・仏教具

仏像や仏教具は上記の中国美術品にも含まれますが、日本で作られたものや、その他の地域で作られたものも存在しています。仏教具にも種類が多く存在しており、仏像以外にも彫刻や線香、香炉、仏画なども含まれます。 仏像に関連していない物であっても、宝珠や香木、数珠なども場合によっては高価格になることがあります。

宝石類

宝石はもっともポピュラーな骨董品の1つです。 歴史を重ねた宝石類などは非常に価値を持っており、場合によっては数百万の値段が付くこともあります。多くの人がご存知のダイヤモンドなどはもちろんですが、プラチナや古い工芸品などは美術的な価値をしっかりと持っています。

骨董品としての定義とは?

骨董品とはそもそもどのくらい古い物を指す言葉なのかを知っているでしょうか。 一般的には製造されてから約100年くらい経過した状態であっても保存状態がしっかりとしており、文化的な価値や美術的な価値が認められる工芸品などのことを言います。 西洋ではアンティークというカテゴリーに分類されますが、アンティークも骨董品も意味は同じです。 時代が古く、状態の良いものや、過去の有名な人物が制作したような作品は価値が上がりやすい傾向にあります。また、人気の作家さんの作品などであれば、時代が比較的新しい場合でも市場価格は高くなることもあるのです。

骨董品をしっかりと判断してもらう際の注意点

骨董品などの買い取りを扱っている業者は数多くありますが、実際には専門家の数は減少している傾向にあります。 理由としては、製作者の後継者不足などと同じように、どんどんと専門知識を持った人が世代交代によって減少しているからです。 このため、芸術的な価値を査定に含めず、材料や材質だけで買取の価格が決まってしまうこともあるため、骨董品の査定は専門業者に任せるのが、もっとも確かであり、その品物が持つ本来の価値をはっきり知ることが出来る方法になります。 また査定結果に少しでも疑問がある場合には納得の出来るように解説をしてもらいましょう。

①年代や種類をはっきりと鑑定してもらう

骨董品の査定において、製造された年代や種類は非常に重要です。 一見すると『何に使うのか分からない道具』といったような品物でも、本当に価値の有る物であれば、しっかりと判断することが出来ます。特に年代判定は査定・鑑定をする人によって変わってくることもあるので気をつけたいポイントです。

②具体的な品物の名前を教えてもらう

骨董品と呼ばれるものには大別しても品物の名称があることが多い傾向にあります。 例えばですが、大きく分けた時に、掛け軸、仏像、絵画、といったようなジャンルの名称ではなく、その中の何に当てはまるのか?ということが大切です。 訪問査定などで見積もりを出してもらう際には品物の名前をしっかりと確認しましょう。 ただし注意点としては名称の付かない無銘な品物もありますので、全てにおいて名前が確認出来るものではありません。

③査定価格の根拠になった情報を教えてもらう

ここまで紹介してきた①と②の要素に加えて、他に判断基準などが考えられる場合には査定の根拠になる情報を教えてもらうようにしてみましょう。 真贋の判断などはもちろんですが、骨董品は”保存状態”によっても大きく査定価格が変化するものです。

骨董品の査定・買取はアジアアートギャラリーへお任せ下さい

弊社、福岡にある『アジアアートギャラリー』では経験豊富な専門家による数多くの骨董品の査定と買取を行っております。 お手持ちの骨董品の処分に方法にお悩みの方は、ぜひ一度ご相談下さいませ。